60代

60代の血圧の正常値は、収縮期血圧で141mmHg、拡張期血圧で83mmHgほどと想定します。この数字は60代の血圧の平均値から出したものですが、日本高血圧学会が定める血圧の正常値(130/85未満)とは上の血圧で少し違ってきます。

 

60代になると、血圧を正常値でキープ出来てる方が25%前後となり、4人の内3人は正常高値もしくは高血圧という事になります。この状況を考えると、60代に血圧の正常値は130/85未満だと押し付けるのはもはや無理だと思われます。

 

日本高血圧学会もそれが分ったのか、60代の血圧を「正常値」ではなく「目標値」として、140/90以下にするよう60代の方に呼びかけています。


スポンサーリンク




60代 血圧 正常値 30代 40代 50代 60代 70代
女性の正常値 114/71 123/77 133/81 140/82 145/79
男性の正常値 124/79 130/84 138/85 142/84 146/80
<60代の血圧の状況>

血圧が正常値の割合 30代 40代 50代 60代 70代
女性 85% 65% 43% 26% 19%
男性 62% 41% 31% 22% 18%

 

また60代になると血圧を正常値に近づけるため、血圧の薬を服用する方も増えてきます。そこで60代の降圧剤服用者が、どのくらい血圧を正常値に近づけているか見ておきましょう。

 

60代 降圧剤 服用者
血圧 平均値
30代 40代 50代 60代 70代
女性 115/77 144/88 147/89 150/85 151/80
男性 148/93 150/94 150/92 150/87 152/81


60代の降圧剤服用者の血圧は、150/86ほどが平均値となっています。血圧の正常値は達成してはいないものの、あと血圧を10mmHg下げれば正常高値を達成出来ます。食事療法と運動療法で、もう少し血圧を下げたいところです。

 

降圧剤を服用して血圧を下げた60代の方の方が、そうでない60代の方よりも心筋梗塞や脳卒中の発症率は低いというデータがあります。60代で降圧剤を服用してる方は、最低でも上記の平均値150/86は達成して下さい。



スポンサーリンク





サブコンテンツ

SNS

  • 血圧に1日1粒  大正製薬

    スポンサーリンク






    このページの先頭へ